入谷式足底板の作成(グラインダーの選定と値段)

入谷式足底板を作成するには、ポロンをグラインダーで研磨する事が必要。

では、

色々な種類があるけど、グラインダーはどれがいいの??その値段は??

という事で、
 
 
①入谷式足底板の作成に推奨されているグラインダー

②実際に作成した時に使ったグラインダー

③購入したグラインダーで足底板を研磨できるのか?
 
 
を解説してみようと思います。

入谷式足底板で推奨されているグラインダー

入谷式足底板(基礎編) (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ) [ 入谷誠 ]によると、推奨されているグラインダーは、

研磨の部分は、直径5~10cm, 削り面の幅は5cm以上

このグラインダーは入谷式足底板で推奨されているグラインダーではありません
 
 
具体的な製品名はわからなかったので、調べた印象としては、

種類は、卓上グラインダーで、研磨の部分は、上記の図のように矢印の方向に縦回転する必要がある。

ただし、削り面の幅が5cm以上はなかなか見つからない

ので、現実的に言うと、手に入れにくい印象
 
 
*入谷式足底板で推奨されているグラインダーはこちらに記載されています。

著:入谷 誠(足と歩きの研究所所長), 編集:大見広道, イラスト:谷本 健
¥5,500 (2024/05/16 06:43時点 | Amazon調べ)

実際は、どんなグラインダーを使ったか?

通常、一般家庭にはグラインダーはない。
推奨されているグラインダーを購入すると15万円以上のようだ。

足底板を高頻度で作る必要がなければ、安い値段のもので十分

という事で、値段が安くて、近くのホームセンターで簡単に手に入るホビー用のグラインダーを7000円で購入して使用しました。

このグラインダーの詳細は、

会社名: イチネンMTM
ブランド名: RELIEF (リリーフ)
製品名: マルチホビーグラインダー
型番: MHG-001
研磨部分: 研磨用ファイバーホイール(直径75mm, 削り面の幅 2cm)
*足底板研磨に使用した研磨部(左側)
値段: 7000~8000円

入谷式足底板で推奨されているグラインダーとは全く異なるので、実際に研磨できるか?は次に記載しています。

RELIEF(リリーフ)
¥7,069 (2024/05/15 09:13時点 | Amazon調べ)

実際に使ったグラインダーで足底板が研磨できるか?

今回使用したマルチホビーグラインダーMHG-001で、足底板を研磨可能か?というと、十分可能だと思います。

実際に研磨した足底板は、



*入谷式足底板を本を参考にして作ったもの

こんな風に研磨できます。
 
 

しかし、何回か作ってみましたが、足底板は一部でいいんじゃないかな??と思うようになり、最近は、小さい足底板を作っている。

*立方骨直下に置く外側縦アーチサポート用の足底板

なので、研磨部が直径7.5cm, 削り面の幅2cmのこのグラインダーで十分だと思う。安いしね。

RELIEF(リリーフ)
¥7,069 (2024/05/15 09:13時点 | Amazon調べ)

入谷式足底板の作成(まとめ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました