入谷式足底板の作成(アーチパッドを中敷きのどこにつけるか)

中敷きのどこにアーチパッドをつけるのか?ということになる。
 
 
まずは、中敷きに実際に足を置いてみる
そして、アーチパッドにつけた骨指標のマーキング足の骨指標合わせる
その位置が、アーチパッドを中敷きにつける場所となる。
 
 
ここが最も重要なのだが、必ず

中敷きアーチパッドをつける位置目印をつけておく

なぜなら、
アーチパッドの研磨の最終段階で、アーチパッドを中敷きにつけて歩く!
で、違和感や歩容が悪ければ、アーチパッドを研磨する
という過程を数回することになるからだ。

入谷式足底板の作り方(まとめ)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。この工程はとても大切なので、作成の際に注意して頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました