療法士向け記事

物理療法

電流強度-時間曲線(強さ時間曲線)から電流強度とパルス持続時間を設定する方法

電流強度-時間曲線(SD曲線)は、物理療法の電気治療で使用する際に読み取れる必要があります。そこで、臨床的な見方を解説しています。
物理療法

オン/オフ時間(on time/off time)とは

物理療法の電気治療におけるオン/オフ時間とは、 オン時間: 連続パルス電流が流れている時間 オフ時間: 電流の流れていない時間 *疼痛抑制の目的の場合は、オフ時間を設定しない。 *ランプアップ時間とランプダウン時間とは異なる。 ...
物理療法

ランプアップ/ランプダウン時間(ramp up/ramp dawn time)の意味とは

物理療法の電気治療でランプアップ/ランプダウン時間の意味とは、何かわかりますか?ここでは図を用いて解説しています。
物理療法

パルス持続時間(pulse duration)とは

全体図 実は、このパルス持続時間の意味をわかっていない方が多い。かくいう私も最初はわからなくて、講習会の先生に質問してやっと理解できたので、ここで意味を説明をしてみようと思います。 パルス持続時間とは パルス持続時間とは、1パルスの開始...
物理療法

電流振幅(電流強度)とは

電流振幅というと、パルス電流で言うと、縦軸で表される所(下図参照)。 実は、電流強度の事を厳密にいうと示すわけではない。 では、電流強度はどこになるのか?というと 電流振幅(パルス振幅)とパルス持続時間との積になります。 *ここら...
物理療法

周波数(frequency)とは(意味,Hzとppsの違いなど解説)

物理療法の電気治療で必須の『周波数』について解説しています。『パルス波から周波数を読み取る方法』や『Hzとppsの単位の違い』も解説!!
物理療法

波形とは

治療電流の波形の種類 物理療法で用いられる治療電流の波形は、主に、下の図のような分類がされます。 他にも干渉波電流、変調電流、ロシアンプロトコールもあります。 だいたい、治療電流はパルス電流の2相性の対称性を利用していると思います。 ...
日々思う事

ハイブリッド型長下肢装具を短下肢装具に最速で変更するコツ

ハイブリッド型長下肢装具は下図のような構造になっています。 ハイブリッド型長下肢装具をプラスチック短下肢装具にするには、連結部分のネジを外す事が必要です。これにとにかく時間がかかる。 お勧めの道具(ラチェットドライバー) 素早く外すには...
日々思う事

ハイブリッド型の長下肢装具を短下肢装具に変更する際に使用するドライバー

ハイブリッド型長下肢装具とは、金属支柱付き長下肢装具の一つで最初は、金属支柱付き長下肢装具として利用しますが、機能回復とともにプラスチック短下肢装具に変更できる装具です(下図)。 この装具は、歩行状態の改善具合で金属支柱付き長下肢装具と...
その他

ハイブリッド型長下肢装具を簡単に短下肢装具にできる道具(スリムラチェットドライバー SRD-224)

何故、スリムラチェットドライバー SRD-224を紹介するのかというと、ハイブリッド型長下肢装具をプラスチック短下肢装具に変更する際にとても便利だからです。 外観。長さはわずか9.5cm程度で白衣のポケットに簡単に入るので、携帯に便利 ...
タイトルとURLをコピーしました